ビルドマッスルHMBの成分ごとの副作用とその危険度を解析

サプリメントを飲むなら、出来るだけ副作用の少ない安全なものを摂取したいと思いませんか?海外のサプリメントには摂取すると危険な成分も入っていたりするのですが、ビルドマッスルHMBはどうでしょうか?ビルドマッスルHMBに含まれる成分の副作用とその危険度を解析してまとめました。

 

 

成分名

副作用の種類

副作用の危険度

HMB なし
BCAA なし
グルタミン なし
バイオペリン なし
フェヌグリーク 低血糖
シニュリンPF なし
トンカットアリ 胃腸の不快感

 

過剰摂取さえ避ければ副作用の心配はなし

ビルドマッスルHMBに含まれている成分は副作用の危険度が低いものばかり。過剰摂取さえ避ければ安全に飲めると言っても良いでしょう。なお主成分であるHMBの推奨摂取量は1日に3g。それ以上摂取してもこうkが薄くなってしまうと言われています。

 

ビルドマッスルHMBには4粒で1500mgのHMBが含まれているので、1日の摂取量は最大でも8粒に留めるようにしましょう。8粒以内の摂取であれば副作用の心配をせずに飲めると思いますし、それ以上の量を摂取する必要もありませんからね。

 

ただし以下のような場合は注意して摂取を

基本的には安全に摂取できるビルドマッスルHMBですが、以下のような場合は医師の指示に従って摂取をするようにして下さい。またサプリメントにはどうしても身体との相性というものがあるので、まれに不調を感じる場合もあるのでご注意下さい。

 

  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方
  • アレルギーや持病をお持ちの方
  • 服薬中の方
  • 通院中の方