筋肉の原料!BCAAの効果と飲むタイミング

 

筋肉をつけるために効果的だと言われているアミノ酸にBCAAがあります。BCAAは「Branched Chain Amino Acids」の頭文字で、バリン、ロイシン、イソロイシンという3種類のアミノ酸を合わせたものです。

 

BCAAは、ヒトの筋肉中にあるタンパク質の必須アミノ酸の約35%を占めていると言われており、かなり高い割合で筋肉の生成に関わっていると言えます。また、BCAAは食物のタンパク質を構成する必須アミノ酸の約半分を占めており、タンパク質が分解されるとBCAAになると考えていただけると分かりやすいのでは無いでしょうか。

 

 

BCAAの効果

 

BCAAはタンパク質の原料となるため、筋肉を増やすのには重要な成分です。BCAAには筋肉分解抑制効果、修復促進効果があります。プロテインよりも消化吸収が早く胃腸への負担が少ないBCAA。摂取すれば、血液中のBCAA濃度を高めることができます。

 

筋肉中のタンパク質は運動時に分解してしまうのですが、血中のBCAA濃度が高ければ、その分解される割合を抑えることが出来ます。筋肉の分解を抑えるには運動前にBCAAを摂取するのが効果的なのです。

 

BCAAを構成しているアミノ酸の一種であるロイシンは、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されるのを促進する効果があると言われています。インスリンは筋肉合成を促進する効果があるため、BCAA とりわけロイシンは筋肉合成にも有効です。

 

また、ロイシンを摂取すると体内でHMBが生成されます。ロイシン20gに対してHMBは1gしか生成されませんので、HMBの効果を得たいならサプリメントで摂取するほうが効率的でしょう。だからと言ってHMBがBCAAの20倍効果があるというわけでありませんのでご注意を。

 

BCAAを飲むタイミング

BCAAはプロテインと比較すると吸収が早く、運動の30分前〜45分前に摂取するのが最適だと言われています。また、運動中に摂取したり、運動後にプロテインと併用する方もいます。BCAA濃度が最大となるのは摂取1時間後で、そこから徐々に低下していくため、トレーニング中は1時間おきに摂取するようなストイックな方もいます。

 

水に溶ける飲みやすいサプリメントもありますが、多くのBCAAのサプリメントは粉末で、独特の苦味があって飲みにくいのがネック。錠剤タイプでストレス無くBCAAが摂取できるのは、ビルドマッスルHMBのウリですね。

 

⇒現役トレーナーがビルドマッスルHMBを徹底検証!